読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

walkingmask’s development log

IT系の情報などを適当に書いていきます

MENU

Vagrantで複数VMに対して個別のスナップショットを作成する

vagrant snapshot save fooで1つのvagrantfile以下の全てのVMに対してスナップショットは作成されるが,全部名前がfooになってわかりにくい.ディレクトリを降りてもダメ.そこで,それぞれに対して別な名前をつけつつ,個別にスナップショットを作成する方法をlog.

Vagrantのスナップショット

については

bufferings.hatenablog.com

こちらを参考にさせていただきました.

save

vagrant snapshot save -h

を見ると

Usage: vagrant snapshot save [options] [vm-name] <name>

Take a snapshot of the current state of the machine. The snapshot
can be restored via `vagrant snapshot restore` at any point in the
future to get back to this exact machine state.

Snapshots are useful for experimenting in a machine and being able
to rollback quickly.
    -h, --help                       Print this help

と書いてあるので,例えば

.
|-- .vagrant
|   `-- machines
|       |-- vm1
|       `-- vm2
`-- Vagrantfile

のような階層になっていて,それぞれのVMに別個にスナップショットを作成するには

vagrant snapshot save vm1 vm1_ss01
vagrant snapshot save vm2 vm2_ss01

でできる.

restore

リストア時に

vagrant snapshot restore --no-provision vm1 vm1_ss01

のように実行するとプレビジョンを実行せずに復元できる.これも

vagrant snapshot restore -h
Usage: vagrant snapshot restore [options] [vm-name] <name>

        --[no-]provision             Enable or disable provisioning
        --provision-with x,y,z       Enable only certain provisioners, by type or by name.
Restore a snapshot taken previously with snapshot save.
    -h, --help                       Print this help

を参照.